忍者ブログ
Admin*Write*Comment
blog.santaside.com
[14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4
 前年の第7回ウルトラクイズは、後楽園予選1問目で失格してしまった。
仮に1問目を正解したとしても、その後の問題で間違えていた。
そして思ったことは、このままでは何回挑戦しても、激戦の後楽園予選を勝ち抜けることはできないだろう、ということだ。
後楽園予選で出題される○×クイズは、だいたい7~8問を正解し続ければ、勝ち抜けられる。言ってみれば、たった7~8問なのである。
だからこそ、答えを知っている問題が1問でも出れば、勝ち抜ける確率はグンと上がるのだ。
そこで、「知っている問題」を少しでも増やすため、第7回ウルトラクイズの後楽園予選が終わった直後から、○×クイズの対策を始めることにした。
対策といっても、たいしたことをしたわけではない。

当時は雑学本ブームで、雑学本が次々と出版されていたので、それらを買っては読み、買っては読み、ということを繰り返した。
さらに古本屋を巡り、過去に出版された○×クイズのネタとなりそうな本を探し歩いた。

本、雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどから得た、○×クイズのネタになりそうな情報を書き留め続け、それを元に自分で○×クイズを作った。

当時NHKで放送されていた、『クイズ面白ゼミナール』という番組のオープニングに、○×クイズ(ホント・ウソクイズ)のコーナーがあったのだが、そこで出題される○×クイズがかなり良質で、ウルトラクイズでも同じ問題が何問か出題されていた。
そこでこの番組を毎週録音し(まだビデオデッキは持っていなかったので、録画ではなく録音)、出題された○×クイズを書き留め続けた。

当時TBSで『クイズ天国と地獄』という、○×クイズのみが出題される視聴者参加クイズ番組があった。
これを毎週録音し、出題された○×クイズを書き留め続けた。

まあ、毎週きっちり録音して書き留めていたわけでもなく、忘れてしまったり、めんどくさくて飛ばしてしまったこともずいぶんあったが。
要するに、自分に義務を課すようなものではなく、趣味として、楽しくお気楽にやっていたという感じだ。
結果として、○×クイズの攻略法というか、考え方が身についたように思う。
そして迎えた第8回アメリカ横断ウルトラクイズで、これらの行為は大きな成果をもたらしてくれた。

つづく

拍手[1回]

この記事にコメントする
名 前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
編集パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

  secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • プロフィール
楽しいあのビーチ行
santa

santaへメール送信
連絡はこちらから
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 24
25 26 27 28 29 30
  • 最新コメント
[2017/06/18 まあちゃん]
[2017/06/16 けっちやん]
[2017/06/13 月うさぎ]
[2017/06/11 よしひと]
[2017/06/09 月うさぎ]
[2017/06/09 月うさぎ]
[2017/06/09 1966]
[2017/06/06 おいでリンス]
[2017/06/04 まあちゃん]
[2017/06/04 クイズの博物館]
[2017/06/04 一丁二丁]
[2017/06/03 もろちいぬ]
[2017/06/02 ロビン]
[2017/06/02 九州のベン]
[2017/06/01 もろちいぬ]
  • ブログ内検索
  • 最古記事
  • QRコード
Copyright © blog.santaside.com All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]
コスメ  早押し機
Copyright (C) 2016 高畠操一 [Souichi Takabatake] All Rights Reserved.
PR